ジャパンマネジメントは、中小企業や個人事業主の資金調達のほか、経営・財務改善をサポートする会社です。
資金繰りの悩みにおいては、売掛金の買取り・早期現金化によって、スピーディーな調達を実現しています。
ジャパンマネジメントのサービスの特徴やメリット、利用する際の注意点、利用方法、口コミでの評判などを紹介します。

会社名 ジャパンマネジメント
運営会社名 株式会社ラインオフィスサービス
所在地 福岡オフィス:福岡市中央区赤坂1丁目14-22 センチュリー赤坂門ビル8F
東京オフィス:東京都新宿区高田馬場1-31-8 高田馬場ダイカンプラザ612
設立 2016年6月
資本金 不明
代表者名 長野拓真
連絡先 電話番号:0120-258-076
FAX:050-3730-1032
営業時間 24時間対応
休業日 日曜・祝日

ジャパンマネジメントの資金調達サービスとは?

ジャパンマネジメントの資金調達(ファクタリング)サービス概要は、以下の通りです。

資金調達スピード 最短1日
手数料 3社間:3%~10%
2社間:10%~20%
対応サービス 3社間ファクタリング2社間ファクタリング
経営コンサルティング(財務改善サポート)
最低買取り金額 50万円
最高買取り金額 5,000万円
対象債権 全ての売掛債権(診療報酬債権、介護報酬債権を含む)

スピード審査で即日資金調達できる

資金不足による業務停滞は、1日でも早い改善が求められます。
ですが一般的に銀行より早く入金されるといわれるファクタリングでも、会社によっては数日かかることがあります。
ジャパンマネジメントでは、スペシャリストのスピーディーな対応により、1日で審査が完了します。
早ければ、申込んだその日に資金調達が可能です。

手数料は最低3%~

ジャパンマネジメントは2種類の取引方法から選ぶことができ、それぞれ手数料が異なります。
コストを最小限に抑えたいなら、手数料が最低3%まで安くなる3社間ファクタリングが最適です。
2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの各取引における手数料下限~上限の目安は、以下の通りです。

2社間ファクタリング 10%~20%
3社間ファクタリング 3%~10%

※個人事業主の場合は、5%ほど高くなります。

このように、手数料の範囲が明確なので、コストの不安が解消され、安心して申込めます。
上記は初回契約時の手数料の目安です。2回目以降の取引については、信用が上がるにつれ手数料が安くなる可能性があります。

全国どこからでも利用しやすい

遠方で来社できないという場合でも、ジャパンマネジメントは北海道から沖縄まで出張サービスに対応しています。
ジャパンマネジメントの拠点は、東京都と福岡県の2箇所にありますので、近郊の拠点からスタッフが出張対応し、より迅速な面談が可能です。
実際に、中国・四国地方や中部地方など、幅広いエリアでの利用実績があります。

ファクタリングは基本的に対面契約ですので、地方の企業にとって都内のファクタリング会社に赴くのは大変です。
出張サービスで、全国どこでも面談ができるジャパンマネジメントなら、来店不要でスピーディーな資金調達ができます。

最低50万円から調達できる

100万円以下の少額調達がしたいケースでも、ジャパンマネジメントなら柔軟に対応しくれます。
利用する際のハードルが低いので、資金繰りで悩んでいる零細企業や個人事業主にもおすすめできるサービスです。

最高5,000万円まで調達可能

ジャパンマネジメントは、最高5,000万円までの資金調達に対応しています。
他社と比較しても遜色のない上限額で、幅広いニーズに十分に応えられるでしょう。
上限額は、会社の経営状況や資産に応じて、個別に決定されます。
そのため、上限額の5,000万円の申込みをしても、満額に達しない可能性もあります。

土曜日も営業で利用しやすい

ジャパンマネジメントは、平日だけでなく土曜日も営業しており、週末の駆け込み調達に柔軟に対応できます。
土曜日は他のファクタリング会社が休業中のことが多く、週末直前の申込みでは、入金が次週になってしまう可能性があります。
ジャパンマネジメントは、土曜日でもスピード対応が可能で、最短1日で審査・契約・入金まで進むので、緊急時でも安心して利用できます。

コンサルタントによる経営・財務改善サポート

ファクタリングによる資金繰りの改善に留まらず、経営・財務体質の強化に至るまでサポートしてくれます。
ビジネス拡大や新規事業展開、事業再生・再成長まで幅広く対応しているので、どんな悩みでも気軽に相談してみましょう。

担保不要で銀行より調達しやすい

銀行で資金調達を行う場合、以下の点が厳しくチェックされます。

  • 会社の財務状況
  • 借入件数と総額、返済状況
  • 返済状況変更(リスケジュール)の有無

ジャパンマネジメントのファクタリングでは、上記の点は一切問われません。
審査でチェックされるのは、主に売掛先の信用情報です。
そのため、会社の財政がどんなに悪くても、支障なくファクタリングを利用できます。
さらに、担保や保証人、手形なども必要ないので申込みがしやすく、簡易な手続きにより、審査から入金までが迅速に実行されます。

売掛債権管理の負担が軽減できる

売掛債権は、支払いの遅れや売掛先の倒産といったリスクを抱えており、確実に安心できる資産とはいえません。
また、売掛債権の発生から支払いまでのタイムラグにより、資金ショートが発生する可能性は十分にあります。

ジャパンマネジメントのファクタリングは、これらのリスクを一挙に解消できる、安全かつスマートな手段です。
ノンリコース(償還請求権なし)取引によって、ジャパンマネジメントに貸し倒れリスクごと買取ってもらえるので、売掛債権管理の負担を軽減できます。

医療・介護ファクタリングに対応

ジャパンマネジメントの買取り対象債権の中には、診療・介護報酬債権も含まれています。
ファクタリング会社では珍しい医療・介護ファクタリングも取り扱っている貴重な存在です。
医療・介護ファクタリングは3社間取引で実施されるので、手数料は5%~15%が目安になります。

ジャパンマネジメントの資金調達の流れは?

ジャパンマネジメントのファクタリング取引は、以下の流れで実施されます。

2社間ファクタリング

売掛先に対して秘密を厳守したまま、資金調達を行います。
ジャパンマネジメントと売掛先の間で、連絡や契約などは一切行われません。

  1. ①ジャパンマネジメントと、売掛債権売買契約を行います。

  2. ②売掛先に対して、信用調査が行われます。(売掛先に通知は一切されません。)

  3. ③ジャパンマネジメントから、売掛債権の買取り代金が最短1日で支払われます。

  4. ④申込み企業は、売掛先から債権を回収します。(集金代行業務)

  5. ⑤回収した売掛金を、ジャパンマネジメントに対して支払います。

3社間ファクタリング

売掛先の同意を得た上で、申込み企業・売掛先・ファクタリング会社の3社間で行われる取引です。
リスクが低い取引なので、銀行のファクタリングでも多く採用されています。

  1. ①売掛先に対して、売掛債権売買の承諾を得た上で、審査を行います。

  2. ②申込み企業・売掛先・ジャパンマネジメントの3社間で、売掛債権売買契約を結びます。

  3. ③売掛先に対し、売掛金の請求金額の確認が行われます。

  4. ④ジャパンマネジメントから、売掛債権の買取り代金が最短1日で支払われます。

  5. ⑤売掛先からジャパンマネジメントに対して、売掛金が直接支払われます。

診療・介護報酬ファクタリング

国民健康保険団体連合会(国保連)や、社会保険診療報酬支払基金(社保)から受け取る診療報酬を、ジャパンマネジメントが買取る取引です。
通常は入金まで約2ヶ月かかる診療報酬を、その他の売掛債権と同様、早期に資金化することができます。

  1. ①国保・社保に対して債権譲渡を通知し、診療報酬の請求を行います。

  2. ②ジャパンマネジメントに対し、国保・社保から請求金額の入金があります。

  3. ③入金確認後、医療・介護事業者(利用者)に対して、診療報酬債権の買取り額が入金されます。

  4. ファクタリング申込みから入金までの流れ

    実際に、ファクタリングがどのような手順で手続きを進めていくのかを説明します。

    1. ①電話(0120-258-076)または公式サイトのメールフォーム・FAXから、申込みを行います。

      申込み時に以下の事項を伝えましょう。
      ・ファクタリングの希望金額(50万円~5,000万円まで)
      ・会社名(屋号)
      ・会社所在地(都道府県)
      ・年商
      ・会社種別
      ・売掛債権の有無
      ・氏名
      ・連絡先(メールアドレス、電話番号)
      なお、メールフォームから申込むと、オンラインでファクタリングの無料診断ができます。

    2. ②担当者から連絡があり、詳細なヒアリングが行われます。

    3. ③必要書類を提出し、審査が行われます。

    4. ④審査通過後、最短1日で指定した銀行口座に売掛債権買取り代金が振り込まれます。

    出張サービスを利用することも可能なので、上記の過程で店舗に赴く必要は一切ありません。

ジャパンマネジメントの注意点・デメリットは?

ファクタリングを申込む前に、以下の注意点を確認しておきましょう。

オフィスの規模が小さい

ジャパンマネジメントは、2018年の現時点では運営歴がまだ2年という新しい会社なので、オフィスは小規模です。
東京と福岡の2箇所にある拠点を調査したところ、レンタルオフィスでしたので、少々頼りなさはあります。
ですが、会社登記はされているので、信用面では問題なさそうです。

単発の利用はコストが高い

ジャパンマネジメントは、初回利用時の手数料が高めに設定されているため、単発利用は割高になってしまいます。
長期的な取引で手数料がお得になるファクタリング会社を探しているのであれば、おすすめの会社です。

ジャパンマネジメントの口コミでの評判は?

全国どこでもスピード対応ができると評判のジャパンマネジメントですが、口コミでは実際どのように評価されているのでしょうか?
利用者の体験談をもとに、対応スピードをはじめ、手数料やサポートに対する評価を調査しました。

男性のアイコン建設業

田舎でも利用できました
当社は熊本の田舎にある会社ですが、スタッフがわざわざ出向いてくれたおかげで、経営危機を脱することができました。
資金調達を含め、会社を立て直すプランを提案してもらえたのはありがたく、もっと早く相談すれば良かったと思いました。

男性のアイコンサービス業

手数料が安くなりました
2回目のファクタリングから、手数料を安くしてもらえました。
そろそろ脱却すべきかとは考えていますが、ジャパンマネジメントが一番安いので、まだお世話になりそうです。

男性のアイコン不動産業

3日で資金調達ができました
電話で問い合わせると、翌日には担当の方の訪問がありました。
電話・対面の両方で、誠実で丁寧な説明をしてもらえたので、安心して申込めました。
単発だと手数料が高いと感じましたが、申込みから3日後には入金されました。
銀行よりも手軽に利用できますし、継続利用にはメリットが大きい会社だと思います。

男性のアイコン製造業

他社より安く利用できました
他社の手数料に不満があったので、もっと安いところを探していた折、ジャパンマネジメントに辿り着きました。
丁寧な電話対応とともに、必要書類の説明がわかりやすく、スムーズに乗り換えできました。

男性のアイコン製造業

3社間ファクタリングが安いです
国や自治体からの発注なので信用力はありましたが、元請け業者が間に入っていて、入金まで時間がかかるのがネックでした。
ジャパンマネジメントの3社間ファクタリングで、想定より安い手数料で対応してもらえたおかげで、助かりました。

男性のアイコンサービス業

急な資金調達に助かります
ジャパンマネジメントを利用したきっかけは、知人からの紹介です。
当社まで出張買取りして頂いた上に、2回目からの手数料が安くなった点でも満足しています。
債務超過だったにも関わらず、270万円の調達に成功しました。

男性のアイコンサービス業

資金繰りの悪化を抜け出せました
突然の入金額の変更で、仕入れ費用に困っていた時に、ファクタリングのことを知りました。
初めての利用でしたが、スタッフの人に親切に説明してもらえたので、スピーディーに手続きが進められました。
手数料は若干高いですが、これからも急ぎの時に頼りにさせて頂きます。

口コミによると、やはり入金スピードの速さや、出張対応によるフットワークの軽さが、高評価となっています。
初回手数料は高いという声もありますが、2回目以降は安さが評判となっており、長期的な利用にはおすすめのファクタリング会社です。