アクティブサポート

アクティブサポートは、急な資金調達にも最短即日で対応してくれるファクタリングサービスです。
アクティブサポートでファクタリングを利用するメリットや、資金調達の流れ、口コミでの評判などを紹介します。

会社名(屋号) 株式会社アクティブサポート
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
設立 平成29年9月
資本金 1,000万円
代表者名 羽田光成
連絡先 電話番号:03‐5957‐5950
FAX:03‐5957‐5951
営業時間 電話:平日9時~19時
メール:24時間対応
休業日 土曜・日曜・祝日

アクティブサポートの資金調達サービスとは?

株式会社アクティブサポートの資金調達(ファクタリング)サービス概要は、以下の通りです。

資金調達スピード 最短即日
対応サービス 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
主な取引銀行 三井住友銀行
みずほ銀行
きらぼし銀行
対象債権 事業者に対する売掛債権全般

スピード査定で最短即日入金

アクティブサポートは、売掛債権の買取り査定を業界最速レベルのスピードで行ってくれます。
平日の営業時間内(9時~19時)に申込み・査定が完了すれば、最短即日での入金が可能です。
急ぎの資金調達にも間に合わせてくれるので、利用者からの評価が非常に高く、満足度は96%、リピート率は87%に達しています。

メールでの問い合わせは24時間受付

電話・FAXの受付時間は平日の9時~19時までですが、メールなら24時間365日問い合わせを受付けています。
電話で問い合わせる前に、メールで会社情報や問い合わせ内容の詳細を伝えておくと、スムーズに査定・相談が進みます。

小口~大口の買取りまで柔軟に対応

アクティブサポートで買取り可能な売掛債権の金額は、30万円~1億円までと幅広く対応しています。
数百~数千万円単位の大口調達だけでなく、100万円以下の小口調達にも柔軟に対応してくれるので、零細企業や個人事業主でも気軽に利用できるのが特徴です。

2種類のファクタリングから選べる

ファクタリング取引の方法は、「2社間ファクタリング」または「3社間ファクタリング」から選ぶことができます。
各取引の仕組みとメリットは、以下の通りです。

2社間ファクタリング

取引先に債権譲渡の通知を行わず、アクティブサポートと申込み企業の2社間だけで行う取引です。
取引先に知られず資金調達が行えるので、今後の取引先との関係に悪影響を及ぼす心配がありません。
ただし、手数料はこの後説明する3社間ファクタリングよりも高くなります。

2社間ファクタリングの取引の流れは、以下の通りです。

  1. ①アクティブサポートと申込み企業の2社間で、ファクタリング契約を締結します。

  2. ②アクティブサポートが申込み企業に対し、売掛債権の買取り代金を支払います。

  3. ③売掛債権の支払い期日までに、申込み企業が取引先から売掛金を集金します。

  4. ④申込み企業が集金した売掛金をアクティブサポートに支払うと、取引は完了します。

3社間ファクタリング

取引先に対して売掛債権売買の通知を行い、承諾を得た上で行われる取引です。
売掛金の集金をアクティブサポートが取引先から直接行うので、申込み企業の手間は少なくてすむ上、2社間ファクタリングより手数料が安くなるというメリットもあります。

3社間ファクタリングの取引の流れは、以下の通りです。

  1. ①取引先に対して売掛債権売買の通知を行い、承諾を得ます。

  2. ②アクティブサポートと申込み企業、取引先の3社間で、ファクタリング契約を締結します。

  3. ③アクティブサポートが申込み企業に対し、売掛債権の買取り代金を支払います。

  4. ④売掛債権の支払い期日までに、アクティブサポートが取引先から売掛金を集金すると、取引は完了します。

ノンリコース(償還請求権なし)で倒産リスクがゼロ

「取引先が万が一倒産してしまったら、売掛債権の回収はどうすれば良いのか?」いう不安もあるでしょう。
売掛債権を回収する前に取引先が倒産したら、代わりに申込み企業がファクタリング会社へ支払い責任を追わなければならない場合があります。
このようなファクタリングは、「ウィズリコース」(償還請求権あり)と呼ばれます。

アクティブサポートのファクタリングは「ノンリコース」(償還請求権なし)なので、売掛債権が回収不能になっても、申込み企業には支払い責任が一切生じません。
その上、債権不渡りのリスクを含めてアクティブサポートが買い取ってくれるので、申込み企業はリスク軽減できるというメリットがあります。

日本全国から利用できる

アクティブサポートのファクタリングは、電話やFAX、メールで手続きを行うので、全国どこからでも来店不要で申込みができます。
地域を問わず柔軟でスピーディーな対応をしてくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。

銀行融資に比べて申込み・審査が簡単

銀行融資の審査は、決算書や事業計画書など沢山の書類を提出する必要があることに加え、審査結果が出るまで1ヶ月近く待たされるのがデメリットです。
一方、ファクタリングの審査は、通帳のコピーと取引先への請求書を提出するだけで良いので、すぐに申込みが完了します。
ファクタリングは審査もスピーディーなので、最短即日の入金が可能です。

さらに、アクティブサポートのファクタリングは担保・保証人が不要で、赤字や税金滞納、創業1年以内でも利用することができます。
銀行からの借入中や、他社のファクタリングを利用中でも、問題なく申込めます。
何らかの理由で銀行融資を断られてしまったとしても、諦めずアクティブサポートに相談してみましょう。

個人・法人を問わず申込める

個人事業主はファクタリングの利用を断られることが多いですが、アクティブサポートのファクタリングは個人・法人を問わず利用できます。
アクティブサポートなら、100万円以下の少額資金調達にも対応しているので、個人事業主でも気軽にファクタリングを利用できます。

債権譲渡登記なしの申込みも可能

2社間ファクタリングを申込む場合、原則として債権譲渡登記を行わなければなりませんが、条件によっては登記なしでも申込むことができます。
その他、手数料の交渉や資金繰りの相談にも応じてくれる柔軟さが魅力です。

幅広い業種で買取り実績がある

アクティブサポートは、需要の高い製造業や建設業以外にも、幅広い業種の売掛債権を買い取ってくれます。
診療/介護報酬債権については、私企業の売掛債権より高い買取率が設定されているので、資金繰りが厳しい医療・介護施設の経営者は、アクティブサポートに相談してみましょう。
特に資金調達の需要が高い業種ごとに、ファクタリングを活用する方法とメリットを紹介しますので、参考にしてください。

製造業

製造業は、売掛金が入金される前に次の発注が来るので、材料費や人件費などの運転資金が不足しやすいという特性がありますが、運転資金の不足をファクタリングで賄うことで、キャッシュフローを改善できます。

建設業

建設業は、売掛金の入金まで時間がかかり資金繰りが不安定になりやすいため、業界では高い割合でファクタリングが利用されています。
アクティブサポートなら、数百万~数千万単位の資金を1~2日で調達可能なので、高額な仕入れ費用が急きょ必要になったときでも相談に乗ってもらえます。

運送業

運送業は、ドライバーの雇用や燃料代の確保、新車の導入、車両トラブルなどに素早く対応するため、資金調達のスピードが求められます。
アクティブサポートにファクタリングを依頼すれば、突発的な出費の際にも最短即日で対応してくれます。

小売業

小売業は、売上不振や追加発注などで度々資金ショーする可能性があり、突然の経営危機に見舞われることもあります。
万が一のときには、即日で資金調達が可能なアクティブサポートの利用をおすすめします。

アクティブサポートの注意点・デメリットは?

アクティブサポートのファクタリングを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

明確な手数料が公開されていない

アクティブサポートの公式サイトでは、明確な手数料が公開されていません。
他社の相場や口コミから推測すると、2社間ファクタリングの手数料は20%前後、3社間ファクタリングの手数料は5~10%ではないかと考えられます。
ファクタリングの手数料は売掛債権の種類や金額によって変動するので、正確な手数料を知るには、アクティブサポートに無料査定を依頼するしかありません。
平日の営業時間内に無料査定を申込めば、最短即日で査定結果の回答があります。

即日入金は平日のみ対応

アクティブサポートは、土曜・日曜・祝日は休業していますので、即日入金はできません。
当日中に資金が必要であれば、平日の営業時間内にファクタリングの申込みを行いましょう。

アクティブサポートでの資金調達の流れは?

アクティブサポートの契約方法と、資金調達の流れを説明します。

必要な書類

ファクタリングの審査に必要な書類は、下記の2点です。

  • 売掛金の入金履歴が確認できる通帳のコピー
  • 取引先への請求書

銀行融資のように、事業計画書や決算書など沢山の書類を準備しなくても良いので、申込み手続きは簡単です。

申込みから入金までの流れ

  1. ①電話・FAX・公式サイトのメールフォームから、ファクタリングの申込みを行います。

    電話・FAXでの受付は平日9時~19時までですが、メールフォームは24時間365日受付けています。
    ※営業時間外の申込みは、翌営業日の対応になります。
    申込みの際は、以下の必要事項を伝えましょう。
    ・法人名
    ・代表者または担当者の氏名
    ・連絡先(電話番号、メールアドレス)
    ・会社所在地
    ・会社の業種、月商

  2. ②必要書類を提出すると、売掛先への請求内容の確認と審査が行われます。

  3. ③審査の申込みから最短即日で、買取りの見積もり結果が提示されます。
    買取り条件を承諾すると、契約に進みます。

  4. ④アクティブサポート担当者から契約内容の説明が行われた後契約が実行されます。
    3社間ファクタリングの場合は、取引先へ売掛債権売買通知を行い、承諾を得た後に契約が成立します。

  5. ⑤契約完了後、売掛債権の買取り代金が最短即日で入金されます。

    ※条件によっては入金までに2~3日以上かかる場合もあります。

  6. ⑥2社間ファクタリングの場合は、売掛債権の支払い期日までに、取引先から売掛金を回収してアクティブサポートに支払います。

    3社間ファクタリングの場合は、アクティブサポートが取引先から直接売掛金を回収します。

アクティブサポートの口コミでの評判は?

アクティブサポートは2017年に設立されたばかりの小規模ファクタリング会社なので、サービスの質や安全性はどうなのかと不安に思う経営者は多いでしょう。
実際に、アクティブサポートは口コミでどのように評価されているかを紹介します。

男性のアイコン電気工事業

多忙でもスムーズに資金調達できました
個人経営で日々の業務に追われており、ファクタリングの手続きに時間を割けなかったので、申込みが簡単なアクティブサポートを選びました。
手数料は割高だと感じましたが、手続きに時間を取られず業務に集中できたのは良かったと割り切っています。

男性のアイコン建設業

納得の手数料でした
これまでに他社のファクタリングを何度か利用してきましたが、アクティブサポートでは新規の申込みでも、他社より安い手数料になりました。
しっかり査定してもらえたおかげで、納得のいく取引ができて満足です。

男性のアイコン建設業

担保・保証人なしで資金調達できました
担保・保証人なしでも2日で1,500万円を調達できたので、本当に驚いています。
金融機関の与信枠が超過して融資が利用できないときに、機材の故障で急な出費に迫られてしまったので、保証人なしでも資金調達できたのはとても助かりました。

男性のアイコン材木業

担当者の誠意が感じられました
最初は債権譲渡の登記なしを希望していたものの、担当者が登記なしのリスクについて丁寧に説明してくれたので、考えが変わりました。
担当者の誠意ある対応のおかげで、後悔のない選択ができました。

男性のアイコン小売業

緊急の際に助かりました
普段は公的機関や銀行の融資を利用していますが、今回は急いで資金繰りを何とかしたかったので、調達スピードが速いと評判のアクティブサポートに申込みました。
融資に比べると手数料は高いですが、何度も利用するわけではないですし、スポット的に活用するのはありだと思います。

男性のアイコン人材派遣業

つなぎ資金として活用しています
大口の取引先が急に倒産してしまい、入金が止まってしまったときにファクタリングを利用しました。
1日で90万円が調達できました。そのおかげで、会社の危機を乗り越えられました。
現在でも、銀行融資の審査が通るまでのつなぎ資金として、度々ファクタリングを活用しています。

男性のアイコン製造業

ちゃんとした会社で安心しました
アクティブサポートは小さなオフィスですが、対応がちゃんとしていたので、安心して利用できました。
債務超過が理由で他社では断られ続けていたので、アクティブサポートでも断られないかと心配でしたが、問題なく審査に通りました。

口コミによると、後発会社ならではの柔軟な審査・サービス内容が高く評価されています。
社歴は浅いですが、担当者の対応・サポートがしっかりしていて安心できると評判です。
他社のファクタリングを断られてしまっても、アクティブサポートなら対応してもらえる可能性があるので、諦めずに相談してみましょう。