アクセルファクターは、個人事業主の資金調達サポートに特化したサービスを展開している会社です。
300万円以下の小口ファクタリングを専門にすることで、迅速な調達を実現しているのが特徴です。
アクセルファクターのサービス概要やメリット・デメリット、利用方法、口コミでの評判などを紹介します。

会社名 アクセルファクター
所在地 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F
代表者名 郡司陽介
連絡先 電話番号:0120-077-739
FAX:03-6233-9186
営業時間 電話:平日9時30分~18時
メール:24時間対応
休業日 土曜・日曜・祝日

アクセルファクターの資金調達サービスとは?

アクセルファクターの資金調達(ファクタリング)サービス概要は、以下の通りです。

資金調達スピード 最短1日
手数料 5%~20%
対応サービス 3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
最低買取り金額 下限なし
最高買取り金額 300万円
対象債権 全中規模・小規模事業者が保有する各種売掛債権

個人事業主向けのファクタリングサービス

ファクタリング会社の多くは、50万円以下の利用に積極的ではありません。
また、利用条件として「年商○千万円以上」と設定されていると、個人事業主や小規模事業者には手の届くサービスではありません。

アクセルファクターでは、300万円以下の少額取引を専門に扱うことで、申込みのハードルが大きく下げています。
よく探してみれば、100万円以下の少額調達に対応しているファクタリング会社は、他にもいくつか見つかるでしょう。

しかし、アクセルファクターは調達額の下限を一切設定していないという点で、他のファクタリング会社とは一線を画しています。
利用額の下限を30万~50万円に設定している会社が多い中、たったの数万円から申し込めるアクセルファクターの柔軟さは、特筆すべきメリットです。

上限は絶対的なものではなく、300万円を超える申込みでも相談に応じてもらえます。
手数料を含め、設定はあくまで目安と考えましょう。
実際の数字は、会社や売掛債権の状況によって変動します。

最短即日で資金調達が可能

アクセルファクターは、申込みから入金までをたったの1日で完了できる、圧倒的なスピードが魅力です。
多くのファクタリング会社が「最短即日入金」を謳っていますが、実際には限られた条件の上で設定されている場合があります。

例えば、最短1日というのは審査結果が通知されるまでの目安で、入金までは2日以上かかるケースがあります。
また、一定額以上の調達は即日入金ができない場合もあります。

なので、ファクタリングに申込む前は、「最短即日」の厳密な意味と条件を、知っておく必要があるのです。
アクセルファクターには曖昧さや誤魔化しが一切なく、申込み当日に入金できることを明示しています。
万が一、即日入金が不可能になっても、具体的な入金予定日を知らせてくれるので安心できます。

最低手数料は5%~

少額ファクタリングは手数料が割高になる傾向がありますが、アクセルファクターは、最低手数料が5%から利用できます。
手数料の詳細は、このようになっています。

売掛債権の金額 手数料
100万円以下 15%~
101万円~200万円 10%~
201万円~300万円 5%~

例えば、売掛債権を上限の300万円まで買取ってもらった場合、最低手数料5%であれば、入金額は以下の通りに計算されます。

手数料=300万円×5%=15万円
入金額=300万円-15万円(手数料)=285万円

他社で少額のファクタリングを依頼すると、手数料が10%近くになることがあります。
アクセルファクターは、安い手数料で少額対応できる、希少なファクタリング会社です。

審査の通過率は90%以上

アクセルファクターの審査通過率は、90%を超えています。
審査基準として、会社の規模や年収よりも、事業主の人柄や誠実さを重視しているからです。
また、運営年数売掛債権の金額を問わず利用できるので、気軽に申し込めます。
実際に、社歴が1年未満の事業主からも多く利用されているようです。

また、個人事業主に対応しているファクタリング会社でも、取引先が法人でなければ利用できないことが多いですが、アクセルファクターなら、個人事業主間の取引で発生した売掛債権でも買取ってくれる可能性があります。

さらに、審査結果はその日のうちに分かり、待たされるストレスがありません。
このように柔軟な審査体制が採られているので、他社で断られてしまっても、アクセルファクターなら通過する可能性は高いです。

メールや郵送による契約に対応

アクセルファクターは、郵送やメールによる手続きにも対応しているので、全国どこからでも容易に利用できます。
審査に必要な書類の提出はFAXや郵送でも行うことができ、審査完了後は、面談なしで直ちに入金手続きに入ります。
多くのファクタリング会社は面談を必須にしていますが、近場に来店できる会社がない地方の事業主にとって、わざわざ出向かなくていいのはありがたいサービスです。

アクセルファクターの資金調達の流れは?

アクセルファクターでは、以下の流れで資金調達(ファクタリング)が実行されます。

2社間ファクタリング
  1. 取引先との間で、売掛債権が発生します。

  2. 自社とアクセルファクターの2社間で、ファクタリング契約を結びます。

  3. アクセルファクターが、売掛債権を買取ることによって、即日資金化を行います。

  4. 後日、取引先から売掛債権の入金があります。

  5. 入金された売掛債権を、アクセルファクターに対して支払います。

3社間ファクタリング
  1. 取引先との間で、売掛債権が発生します。

  2. 取引先に対して、売掛債権譲渡の通知を行い、承諾を得ます。

  3. 自社とアクセルファクター、取引先の3社間で、ファクタリング契約を結びます。

  4. アクセルファクターが、売掛債権を買取ることによって、即日資金化を行います。

  5. 後日、取引先がアクセルファクターに対して売掛債権を支払います。

手形取引とは異なり、実態のない売掛債権を扱っているため、分かりにくい取引に見えるかもしれません。
ですが、手形や債権を買取って、本来の決済日より早期に資金化できるという点では、「手形割引」とよく似ているシステムです。

手形割引と異なっているのは、売掛債権は信用取引であるため、期日までに確実に支払われる保証がないことです。
よって、支払いの停滞が起こりやすく、不良債権化しやすいという特徴があります。
このような信用リスクがあるため、銀行はファクタリングで売掛債権を扱うことに慎重です。
アクセルファクターのファクタリングで売掛債権を資金化すれば、支払い遅延や未払いといったリスクを解消できます。

ファクタリングの申込み方法は?

アクセルファクターでファクタリングを利用するには、以下の手順で手続きを進めます。

  1. 電話、メール、またはFAXから問い合わせ・相談を行います。

    電話(0120-077-739)の営業時間は平日9時30分~18時まで、公式サイトのメールフォームなら24時間対応です。
    申込み時には、以下の必要事項を伝えましょう。

    • 買取りを希望する売掛債権の金額
    • 翌月の売上額
    • 会社名(法人・商号名)
    • 会社の種別
    • 会社所在地(都道府県)
    • 代表者氏名
    • 連絡先(電話番号、メールアドレス)
  2. 必要書類を提出し、審査が行われます。

    事前に下記の書類を準備しておきましょう。

    • 売掛債権との取引内容が記載されている書類(請求書や見積書など)
    • 直近の決算報告書
    • 取引履歴が確認できる銀行の預金通帳
    • (取引履歴が長いほど、手数料が安くなる可能性があります。)

    • 代表者の顔写真付き身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
    • 代表者の印鑑証明書と、法人の印鑑証明書

会社設立から間もない時期で、まだ決済報告書がない状態や、ネット口座を利用していて通帳がないケースでも、柔軟に対応してくれるようです。
書類の不備が原因で他社に断られてしまったとしても、諦めずアクセルファクターに相談してみましょう。

アクセルファクターの注意点・デメリットは?

アクセルファクターのファクタリングを利用する前に、いくつか注意しておきたい点を挙げておきます。

売掛債権買取り額の上限が少ない

アクセルファクターは、300万円以下の少額利用を専門にしているファクタリング会社なので、高額の買取りには対応していません。
ですが、可能な範囲で300万円を超える買取りに対応できるケースはあるので、300万円~1,000万円以下の買取りを希望するのであれば、まずは問い合わせてみましょう。

手数料が割高になる可能性がある

アクセルファクターの手数料上限(最大で20%)は、明確になっている点では安心できます。
ですが、それは20%の手数料が取られる可能性をも意味しています。
特に、100万円以下の少額利用では15~20%という割高な手数料になってしまうので、慎重に検討しましょう。
おすすめなのは、手数料が最も安くなる200~300万円の範囲での買取りです。

アクセルファクターの口コミでの評判は?

小口ファクタリング専門のアクセルファクターは、中小企業に限らず、個人事業主の間でも評判になっています。
実際にどのようなケースで、ファクタリングが利用されているのでしょうか?
また、アクセルファクターの入金スピードが早いというのは、本当なのでしょうか?
利用者の口コミから、その実態を調査しました。

男性のアイコンアパレル業

ビジネスチャンスを掴むことができました
「百貨店への限定ショップを開設するために、緊急で在庫の確保に迫られました。
ですが、売上金の入金は1~2ヶ月以上先だったので、ファクタリングを利用することに決めました。
300万円の調達をサポートして頂き、百貨店への出店を果たし、滅多にない機会を逃さずに済みました!」

男性のアイコン内装工事業

即日対応して頂き助かりました
従業員への給与や経費の支払いで首が回らなくなったとき、同業者からアクセルファクターを紹介してもらいました。
審査で取引先の評価が高かったおかげで、手数料がかなり安くなりました。
80万円の少額利用でも即日対応だったので、ピンチのときはまた利用したいです。

男性のアイコン運送業

150万円を調達できました
ローンの審査に影響を与えたくなかったので、追加借入の代わりにファクタリングを選びました。
何件かのファクタリング会社に相談してみたところ、一番親身に話を聞いてもらえたのが、アクセルファクターさんです。
燃料高騰による資金不足に悩んでいましたが、150万円がスピーディーに調達できたおかげで、ピンチを乗り切れました。

男性のアイコン建設業

遠方からでも利用できました
北九州地方で事業を営んでいますが、近くに面談できるファクタリング会社がなく、困っていました。
そんなとき、アクセルファクターのウェブサイトを見つけて、郵送やFAXでも手続きができることを知りました。
出張の手間も時間も惜しいときだったので、面談なしで資金調達できたのは、とても助かりました。

男性のアイコン運送業

毎回、即日入金で助かっています
アクセルファクターにはいつもお世話になっていますが、毎回即日で対応してくれるので助かっています。
必要な資料は全てメールで送っていますが、対面が不要なのでスピード感のある対応をしてくれます。
信頼できるファクタリング会社を知っているだけで、緊急時にいつでも頼れるという安心感がありますね。

男性のアイコン小売業

30万円が即日で入金されました
仕入れ代金のために、至急で30万円が必要になりましたが、銀行では審査に時間がかかりそうで諦めました。
一番早く入金できるファクタリング会社を探した結果、少額対応かつ即日入金ができるアクセルファクターに決めました。
必要書類は全てスキャンしてメールで送信できたので、手続きはあっという間です。
期待通り、30万円が1日で入金されたので感謝しております。

男性のアイコン土木業

申込みから翌日には振り込まれました
少額の調達であることや、数年赤字が続いているのを理由に、どこに行っても融資を受けられない状況でした。
行き詰まっていたときに、同業者から紹介されたアクセルファクターに連絡すると、わずか10分で返信がありました。
連絡したのが夕方だったので、着金は翌日になってしまいましたが、それでも十分速い対応です。

口コミからは、特に運送業や建設業といった業種を強みにしていることが伺えます。
やはり、最短1日で入金できる点が、高く評価されています。
また、郵送やメールによる手続きで、遠方からの資金調達も柔軟に対応できる点に注目です。
面談不要で時間・手間が節約でき、少額対応してくれるファクタリング会社を探している事業主におすすめです。