株式会社「GCM」は、診療報酬・介護給付費ファクタリング専門の会社です。
GCMのサービスの特徴や、口コミでの評判を紹介します。

GCMってどんな会社?

株式会社「GCM」のホームページ

株式会社GCMは、ファクタリング事業の他、介護事業コンサルティングにおいても実績のある会社です。
医療関係・大手都市銀行出身者や、公認会計士が100%出資したプライベートファンドです。
平成25年に設立され、社歴はまだ数年の若い会社ですが、取り扱う債権が焦げ付きリスクの低い診療報酬・介護報酬であるという性質上、運営は安定しています。

GCMの3つのファクタリングサービス

GCMでは、「診療報酬ファクタリング」「介護給付費ファクタリング」「自立支援給付費ファクタリング」、以上3つのサービスを取り扱っています。
各ファクタリングサービスの特徴を解説します。

診療報酬ファクタリングとは?

病院・診療所などの収入の9~7割を占める診療報酬債権を担保に、資金調達を行うサービスです。
診療報酬債権とは、診察料から自己負担分を引いた売掛金を、公的医療保険金の支払い機関(社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会)に請求する権利のことです。
診療報酬債権をGCMに売却することで、債権の早期現金化を行います。

診療報酬ファクタリングを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 薬品購入代金や水道光熱費、人件費といった支出に伴う現金のニーズをカバーできる
  • 診療報酬債権は確実に回収できる優良債権のため、審査スピードが早い
  • 開業して間もない医療機関でも、目先の必要資金を早急に用意できる

介護給付費ファクタリングとは?

介護事業者の持つ介護報酬債権をGCMが買い取ることで、早期に資金調達が行えるサービスです。
介護報酬債権とは、介護事業者にとっての売上に相当する介護報酬から、利用者負担の1割を除いた9割を、国民健康保険団体連合会(国保連)に対して請求できる権利です。
診療報酬ファクタリングと同様に、融資ではなく不動産担保なども必要ないので、信用情報に傷がつきません。

介護給付費ファクタリングを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 介護報酬の支払いまでの期間(約45日)を、1ヶ月以上短縮できる
  • 開業直後の運転資金の調達など、短期間のつなぎ資金に早急に対応できる

自立支援給付費ファクタリングとは?

障害福祉サービス事業者の持つ自立支援給付費の請求権を、GCMが買い取ることで、早期現金化を可能にしたサービスです。
対象となる債権の種類は、以下のとおりです。

  • 総合支援給付費
    (介護給付費、訓練等給付費、特定障害者特別給付費など)
  • 地域生活支援事業給付費
    (移動支援事業費、訪問入浴サービス事業費など)
  • 障害児給付費
    (障害児通所給付費、障害児入院給付費など)

自立支援給付費ファクタリングを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 自立支援給付費の支払いまでの期間(約2ヶ月)を、1ヶ月以上短縮できる
  • NPO法人のため融資が受けられない事業者でも、資金調達が可能になる

GCMのファクタリングサービスは、以上の3本の柱で成り立っています。
医療機関や介護事業者、障害福祉サービス事業者のそれぞれに対応可能な専門コンサルタントが常駐しているため、資金繰りや経営の相談においても頼りになる会社です。

gdmにおけるファクタリングの流れ

GCMの診療報酬ファクタリングを例に、どのように取引が進められるかを説明します。

  1. 株式会社GCM(債権譲受人)と、医療機関・診療所(債権譲渡人)の間で、債権譲渡契約を締結します。

  2. 債権譲渡人はGCMに対して、診療報酬債権を譲渡します。

  3. 債権譲渡人は、支払基金(国民健康保険連合会など)に対して、債権譲渡通知を行います。

  4. GCMは債権譲渡人に対して、譲渡代金の支払いを行います。

  5. 支払基金からGCMに対して、診療報酬等の支払いが行われます。

以上が、診療報酬ファクタリングの流れです。
売掛金のファクタリングと、取引の流れに基本的に違いはないことが、理解頂けたと思います。

GCMのファクタリングを利用するには?

GCMのファクタリングサービスに申し込むには、まずメール(info-GCM@ginza-cm.com)またはお電話(0120-946-275)へ問い合わせましょう。
GCM公式サイトの問い合わせフォームからも、無料相談・見積もりを受け付けています。

問い合わせ内容の確認後、折り返しGCMから連絡があります。
そして審査の段階に進みますが、以下の書類を準備しておく必要があります。

  1. 履歴事項全部証明書のコピー
  2. 印鑑証明書(連帯保証人の印鑑証明書も含む)のコピー
  3. 2期分の決算書、決算後からの試算表
  4. 診療報酬または介護給付費等の請求書及び支払い決定額通知書
  5. 診療報酬または介護給付費等の支払いが確認できる通帳など
  6. 医療機関コードまたは事業所番号の記載がある許認可証のコピー
  7. 納税証明書
  8. 会社案内等の書類

診療報酬・介護給付費等ファクタリングの場合、準備する書類が多いので、余裕を持ってお申込みください。
書類の提出は、FAX送信またはメールへのPDF添付にも対応しています。
契約時には、上記①②の書類については申込時のコピー1通に加え、原本が2通必要になります。

株式会社GCMの口コミ評判はどう?

株式会社GCMは、設立からまだ年数が浅い会社ですが、口コミでの評判はどうなのでしょうか?
医療機関や介護事業者からの口コミを紹介します。

医療機関・診療所の口コミ

男性のアイコン

開業したばかりのクリニックで、資金繰りに困っていたところ、GCMで迅速に資金調達できて助かりました。ファクタリングの利用は初めてでしたが、スムーズに手続きが進められました。

男性のアイコン

書類の準備に手間取り、入金までに2日以上かかりました。急いで現金を準備したかったのですが、できれば即日で対応して欲しかったです。

介護事業者の口コミ

男性のアイコン

他のファクタリングと比較すると、手数料が割高に感じます。融資が利用できない事情があったので、やむをえず利用しました。

男性のアイコン

信頼できるファクタリング会社を探していた折に、知り合いの事業者からGCMのことを教えてもらいました。ファクタリングは未経験だったので最初は心配でしたが、親切な対応で、資金繰りの相談にも応じてもらえたので信頼できます。

口コミから分かった、株式会社GCMのメリット・デメリットをまとめます。

メリット
  • 親切丁寧な対応で、手続きがスムーズに進められる
  • 税金や社会保険料の滞納があっても利用できる
  • 開業間もない時期の資金調達に、早急に対応できる
デメリット
  • 申込みから契約までに1~2日以上かかる場合がある
  • 準備する書類が多い
  • 金融機関の融資等と比べると手数料が高い

診療報酬・介護報酬債権は、リスクの低い債権であるため審査のスピードは早いですが、書類の準備に時間がかかるという声が目立ちました。
前もって必要書類を確認し、準備を早めに始めておくことが、GCMで迅速な資金調達を可能にするためのポイントです。

ただし、GCMは他社と比べると審査条件が厳し目なので、経営状態によっては買い取り条件が悪くなることがあります。
現金化まで1週間以上かかる場合がある、という点に目を瞑れば、信頼性の高いファクタリング会社だと評価できます。

診療報酬・介護給付費等ファクタリング専門の会社としては、GCMの他にも以下の会社が有名です。

  • CSプランニング
  • エヌエスパートナーズ
  • リコーリース